今、頑張らず いつ頑張る!『優道』西小ファイブ

西小ファイブの 
西小ファイブによる 
西小ファイブマニアのためのブログ
西小ファイブ選手・大募集中!!!
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ACCESS
SCHEDULE
2015〜2016

<2015>
庭野スポーツ杯〈準優勝〉
市民スポーツ大会ライオンズクラブ杯≪優勝≫☆
水沢体協杯秋季大会≪優勝≫☆
シャークス杯≪優勝≫☆
<2016>
ナガセケンコー杯≪優勝≫☆
第36回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会
中越地区代表☆≪県大会出場≫
若獅子旗争奪市内小学校野球大会≪優勝≫☆
第36回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会
新潟県大会【1回戦敗退】
水沢体協杯春季大会【2回戦敗退】
中央カップ【2回戦敗退】
読売学童野球中越大会〈準優勝〉
十日町市長杯≪優勝≫☆
市民スポーツ大会ライオンズクラブ杯〈準優勝〉
十日町新聞社杯≪優勝≫☆
OJIYA CUP≪優勝≫☆
アルビレックス杯【2回戦敗退】
The history of Nishi-Five
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 久しぶりに | main | 5月の市報カバー >>
7月20日のご案内
「田川隆之氏 ご勇退記念パーティー」
令和元年7月20日(土曜日)
ラポート十日町にて18:00開宴
対象者:西小五区、西小ファイブ保護者OB、西小ファイブ現役保護者の皆さま。
(選手OB、現役選手は対象外とさせていただきます)

関係各位には準備が整い次第、案内状を送付させていただきます。

ちょっとつぶやきます。
この記事では、「田川監督」と書かせてもらいます。
昨年秋、田川監督が辞意を表明しました。
突然「ユニフォームをチームに返却してきた」と本人から連絡がきたのが10月末。その約2週間後の11月中旬に「これで(保護者の皆さんに)許して(理解して)もらえるかな?」送られて来たのは11月末の納会時に配布するつもりだという、辞意表明の原案でした。

私もそうですが会社を経営しながら、土日と言えど仕事が入る事も日常的で、なかなか楽々と休めない業種。
そんな中、毎週月曜日は夜練習。そして土曜日、日曜日は練習や試合というスケジュールを18年間続けてきてくれました。

2006年当時、西小学区には2つのチームがありました。西小ブルーウェーブが選手不足で大会出場ができなくなり、2007年春に西小五区とチーム合併をして、西小ファイブが誕生しました。この西小ファイブというチーム名も田川監督の発案です。現在西小は1区〜4区ですが、当時西小は1区〜5区でした。その1区〜5区全てがひとつになった意味合いで西小ファイブと名付けられました。
「今、頑張らず いつ頑張る!」「優道」などの横断幕、保護者Tシャツや帽子などを揃えようと発案したのも田川監督によるものです。

余談その1、西小ファイブというチーム名は、当時の5区のユニフォームは地域の方の寄贈で、2015年まで着用していました。そのユニフォームには現在と同じく「Nishiー5」と文字が入っていました。全く違うチーム名にすると、ユニフォームを新調しなくてはなりません。当時のユニフォームを活かし、尚且つ理論的にみんなが納得するチーム名を考えたとの事です。

余談その2、今、頑張らず いつ頑張る!の横断幕。下の方には「心・技・和」とあります。この最後の「和」=子ども達の和、保護者会の和、様々な意味を込めてチームがひとつになれるようにと「和」にこだわったと聞きました。

余談その3、西小ファイブの保護者Tシャツと帽子は、南中野球部保護者会のパクリです(笑)西小ファイブの保護者が南中野球部の保護者に混ざっても、遠目で見る分にはわかりません。違和感も全くありません(笑)

チーム合併をした際、旧西小五区の保護者の皆さんはとてもあたたかく旧西小ブルーウェーブの保護者を受け入れてくれました。この時の監督の言葉は「もう五区でもブルーウェーブでもない。チーム合併に吸収とか対等とかもない。あるのは西小ファイブという新しいチーム。新しい保護者会なんだよ」と。

「練習のための練習じゃない。試合に出られない、出してもらえない。試合に出る楽しみ、楽しさを知らない6年生がいたら、中学で野球を続けてくれないよね?」
「試合に勝ったとか、優勝したとか、それはただ結果が出ただけ。優勝したからって偉い訳じゃない」
「オレは教師じゃない」
「一番大切にしているのは子ども達や保護者との信頼」
これはごく、ごく一部の田川語録ですが、監督とはたくさんの時間を共有し、ただ単に野球を教えるということだけではなく、愛する野球を通じての「人づくり」を地域活動としてやっていると強く感じました。

「優勝するのも嬉しいけど、大会後の慰労会に100人以上参加してくれるのはもっと嬉しい!」これは監督の本音だと思います。夫婦、選手の兄弟姉妹も多数参加するこのチームの雰囲気が嬉しいと。「地域の子ども達のためにやっている」この信念が根本にあるからです。

美談ばかりを並べましたが、ここで書けない事もたくさん見聞きしました(笑)現在は監督は退きましたが、チームの特別顧問として主にチビッ子の指導をしてくれています。Bコートでは「うるせえ!黙れ!」なんて言いながらも、子ども達に野球の楽しさを植え付けている事と思います。

もし、これを見た選手OBの諸君、保護者OBの皆さんがいるなら・・・もし、土日がヒマで気が向いたら・・・
特別顧問になった監督に会いに、そして昔も今も変わらず西小ファイブ選手達も元気です。横断幕を見て懐かしく思う人もいるでしょう。
田川監督が18年かけて作り上げ、守ってきたチームを西小グラウンドや、大会会場で応援するのはいいもんですよ。
特に選手OB諸君。大きくなった教え子が来てくれるのはもの凄く嬉しいと言ってます。「こんにちは!」「お久しぶりです。ご無沙汰してます!」って声をかけてください。前と変わらない監督がいますから。あっ!お土産なんていらないからな(笑)

それでは、西小五区保護者OBの皆さま。西小ファイブ保護者OBの皆さま。西小ファイブ現役保護者の皆さま。
発起人会一同、皆さまをお待ちしております。

| - | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
田川監督、長年お疲れ様でした(^3^)/
これからも、顧問として、西小ファイブの面倒よろぴくお願いいたしますm(__)m
| ジャイアン | 2019/05/17 9:16 PM |
ジャイアン殿
ひとえに18年間と言っても、とても、とても
長い年月ですね。
その慰労と感謝の会をぜひ!盛り上げましょう!
| 元西小ファイブ広報部長 | 2019/05/23 8:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック